アフィリエイトでは文章が長すぎてもいけない

アフィリエイトを行う際には、広告を紹介するための文章をブログなどに書いていくことになります。
しかし、その際にはその文章を読む人の目線に立って、考えながら書いていくという意識を必要とするので、頭に入れておいてほしいと思うのです。
特に気を付けてもらいたいのが文章の長さになるのですが、あまりにも長い文章はそもそも最後まで読まれない可能性が高くなります。
情報をより詳しく、丁寧に解説すれば、自然と文章は長くなり、検索エンジンの上位表示がしやすくなるため、文章が長い状態というのは望ましくないとは一概には言えないのです。
しかし、検索エンジンの上位に表示されて、多くの人がアクセスしてきてくれたとしても、長々と書いてある文章を最後まで読んでくれる人が少なければ意味はありません。
結局、アフィリエイト広告というのは、最後まで読んでくれる前提で紹介するケースが多いため、途中でページを閉じてしまうと、その魅力が伝わりきらない、そもそも広告が載っていることに気付かないというケースが存在するということになります。
つまり、情報を詳しくすることは本来は良いことのはずなのですが、詳しくしすぎた結果、アフィリエイトにとってよくない状況をもたらすこともあるということになります。
その点は絶対に頭に入れておかないといけないのですが、問題はじゃあどのくらいの量から文章が長いと言えるのか?というボーダーラインについてです。
文字数的にどれくらいから文章の量が多いと人は感じるのか?について知っておくべきですが、これは人によるということがまずあるので、そこは知っておくべきですけど、目安として考えてほしいのは、3000文字前後でしょう。
3000文字くらいまでならばギリギリ許容範囲内であり、長いと感じつつも最後まで読むことが可能な範囲ではないか?と思われます。
それ以上に文章量になると、長いと感じつつ、最後まで読むのを躊躇ってしまう可能性があると思うのです。
だから、それ以上の量になるならば、記事を2つに分けて、別々にした方が良いということも言えるかもしれません。
1つの記事にまとめようとした内容を2つに分けて、それぞれでうまい具合に紹介していくということも考えていきましょう。
アフィリエイトできちんと稼いでいくためには、記事を読む人の気持ちも考慮して書いていく必要があるので、そのことは絶対に頭から消してはいけない部分と言えると思うのです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です